看護師と准看護師の違いについて

看護師と准看護師のなり方

看護師になる為には、看護学校を卒業後、国家試験を受け合格しなければいけません。
准看護師は、准看護学校を卒業後、各都道府県が実施している試験に合格しなければいけません。
また、看護師は厚生労働大臣が発行し国家資格ですが、准看護師の試験は国家試験ではなく公的資格です。
後者は前者と比べ収入が低いのがデメリットですが、資格を手に入れやすく経費も安いメリットがあります。

就業場所にも違いがあります。

個人病院などは、人件費を削減する為に准看護師を多く採用する事がありますが、総合病院などでは診療報酬に影響する為、看護師を多く採用する傾向にあります。
准看護師は師長などの管理職につくことができません。
また准看護師の業務内容は、「看護業務を医師、歯科医師又は看護師の指示を受けて行う」と定められています。
しかし、実際の現場では仕事の内容にほとんど違いがないのが現状です。
そのため後々、キャリアアップを目指すなら前者を目指したほうが断然良いと思います。

准看護師から看護師にステップアップする方法

准看護師から看護師になる道もあり目指す方がとても増えてきています。
准看護師の資格を取得後、短大や専門学校に進学し国家試験を受ける方法です。
また、10年以上の経験を持つ准看護師の場合、2年間の通信教育を受ける事により国家試験を受ける方法があります。
どちらも非常に大変ですが、確実にスキルアップすることができます。

准看護師のメリットは自由度

しかし、これから高齢化社会が進む中で、地域の医療機関や在宅医療などでは准看護師の存在が期待されています。
また、出世やキャリアアップを望まない場合は、准看護師は結婚後に育児と家事を両立する事ができる点も大変魅力的です。
また、非常勤で勤務する事も可能です。
時間外勤務がない場合もあります。
しかし、どちらも人の役に立つ仕事には変わりはなく、責任もありとてもやりがいのある職業です。