看護師を目指す際の進学先について

看護師の理想的ななり方

看護師を目指す際、大学へ進学する方がよいのか、それとも専門学校に進学する方がよいのか悩む方は多いと思います。
まず、大学に進学した場合は卒業と同時に保健師、助産師の国家受験資格を取得する事が出来ます。
そして、給料も高く将来性もあります。
そのため、キャリアアップを目指す方は大学に進学する事をお勧めします。

大学と専門学校の適性の違い

現在は、医学の進歩や技術の多様化のため大学進学を選択する方が多くなってきています。
しかし大学は入学する事が非常に難しくまた学費が非常に高いという事もあります。
専門学校の場合は、大学に進学するよりも1年早く資格を取得することができます。
しかし、給料は大卒の方よりは低くなりますが、学費が安く設定されています。
早く資格を取得出来る事や学費が安いため、育児が落ち着いて資格取得を目指す方や、他業種からの転職で目指す方などは専門学校を選択される方が多いです。

大学と専門学校のメリット/デメリット比較

しかし、どちらを選ぶかで将来性はとても大きく変わってきます。
大学進学した場合は、現場の責任者として活躍することができます。
また、これからは専門的な知識や技術をもった看護師が必要になってくる時代になっていきます。
大学進学した場合は、専門学校と比べより深く専門的な知識や技術を学ぶ事が出来ます。
このため、就職した際はこのような知識や技術を生かす事が出来ます。
また、大学進学と専門学校では就職先にも差がでる場合があります。
看護師は、収入も安定していて非常に魅力的な職業です。
このため、目指す方がとても多いです。
しかし、人の命を扱う仕事で責任は非常に重大です。
患者の看護だけでなく心のケアもしなければいけません。
このため大学に進学するか専門学校に進学するかはしっかりと考える事が大切です。